ウェディングフォトを綺麗に撮るコツ(二の腕編)

ウェディング写真は大切です。

結婚式は一日のみ、前撮りも一回のみ。

一生見返すのは写真です。

ということで、花嫁さんみなさんが気になる「二の腕」の移り方のお話です。

201511170038_1

僕はお写真のご依頼受ける際、まずお二人とお打合せをします。

その時に90%のプレ花嫁さんが、「痩せなきゃ!」と言います。

僕からすると、すごくきれいな体形なのに、みなさんよういうんですね~

「痩せなきゃ」っていうのが、癖になっているようです。

特にみなさんが気にされているのが、二の腕のようですね。

そこで本日は、二の腕を簡単に細く見せるコツをお教えしちゃいましょう!

簡単です。たった3つのことを意識するだけです。

その1:背筋をのばす

理由:背筋を伸ばすと上半身が伸びます。腕の一緒に伸びて長く見えます。

その2:二の腕を意識的に体から10センチほど話した状態で写真を撮る。

理由:体にくっつけてしまいますと、ワキ下のお肉も際立って見えちゃいます。

その3:肘は「く」の字を意識する。

理由:腕が一番きれいに見える角度です。

 

いかがですか?どれも簡単でしょう?

しかし、背筋などは普段から意識をしないとなかなかその日だけ、というわけにはいかないんです。

僕も撮影しながら、なるべくこれらのポージングを支持することがありますが、あんまり言いすぎるとうるさがられます(笑)

でも、お二人の一生残るお写真のためですから、うるさくてもかまいません!

みなさんも上記のことを意識しながら前撮り撮影に臨んでくださいね!