Asia WPAのメンバーになりました!

Asia WPAのメンバーになりました!

Asia WPAとはなんだ?って疑問を持たれる方おりますよね?

ぼくも最初はそう思いました。

Asia WPAは「Asia Wedding Photographer Association」略称で、アジア地域に特化したウェディングフォトグラファの協会といった具合です。

詳細はこちら:https://asiawpa.com/

ぼくは日本育ちで、日本食大好き、でもペルー国籍、この時点で少しの国際感あります…(笑)

ぼくの嫁は中国生まれで日本国籍の納豆大好物、この時点でも少しの国際感あります…(笑)

ぼくも今後自分の実力を高め、世界でも勝負できるカメラマンになるためには、少しでも世界に近づける環境にいないと!と思い立った2105年。

毎年ラスベガスで開催されるWPPI(Wedding & Portrait Photographers International)に初めて参加して感動を受けたのも覚えています。←別日のブログで

もっと勉強してもっと写真をうまく撮れるようにして、世界に通用するフォトグラファーにならなくては!

そのためにも、日々勉強です!

中国やシンガポールも写真文化進んでいます。

中国で10年以上生活した妻によると、中国の方は結婚をする際に、「エンゲージメントフォト」、「前撮り写真」「当日写真」を莫大な予算を掛けて撮るそうです。

エンゲージメントの私服撮影や前撮りの写真をバーンバーン…さらにバーンと飾るようです!

派手な感じにね!

日本もここ10年ほどで前撮りが定着してきました。

一方欧米の文化では、前撮りはないようですね。

最近聞かれる「ファーストルック」。これは、お式当日までお預けだそうです。なので、前撮りではなく、当日のお式の時にちょこちょこって撮ったりだそうですね。

文化が違えば、写真文化も違いますね!でもウェディング写真てよりその国民性に寄り添っていると思いませんか?

喜〇哀楽があるから、僕はウェディング写真が大好きです!